【終了】2021.6.27(日)【無料】ひとり親向け遺言書セミナー

ひとり親向けの遺言書セミナーのご案内です。

全国どこからでも受講可能なオンラインセミナーです!

コロナ禍の昨今、「自分にもしものことがあったら…」と、頭をよぎったことがある方は多いのではないでしょうか。


私は、31歳のある日突然、脳動脈瘤の疑いと宣告されました。

「くも膜下出血を起こした場合には、即死の可能性もある」とも言われ、呆然としました。

子どもはまだ1歳になったばかりでした。


必死で終活をしましたが、死の恐怖と向き合いながらの終活は、精神的にかなり苦しい作業となりました。

私の場合は、幸い検査の結果、脳動脈瘤ではなかったことがわかり、死の恐怖から解放されることはできましたが、「いつ死ぬかわからない」という恐怖の中、1日1日を過ごすということを数か月続けてみて、感じたことがあります。


病気や事故は、いつ自分の身に降りかかるかなど、誰にもわかりません。

だからこそ、動けるうちに、心にもゆとりがある時にこそ、備えておくことが大切なのだ…と。


「遺言書」と聞くと、ご高齢の方が書くものというイメージを持たれている方も多いと思います。

ですが私は、自身の経験も踏まえ、若いうちに、そして元気な時にこそ、書いておくべきものだとお伝えしたいのです。


遺言書は、一度書いたら終わりではありません。

何度でも書き直すことができますし、破棄することもできます。


ご自身のために。

そしてお子さんのために、今できる “備え” について、一緒に考えてみませんか?


こんな方におすすめ

・未成年のお子さんがいる

・「自分にもしものことがあったら…」と頭をよぎったことがある

・子どものためにできることをしておいてあげたい

・できるだけ子どもには負担をかけたくない


【ひとり親向け遺言書作成】お客様の声

ひだまり行政書士事務所/カウンセリングオフィス

心のケアする女性・LGBTQ+のための民事法務や、施設サポートを中心とした福祉関連法務が専門の行政書士事務所です。社会福祉士、カウンセラーとしての専門性を活かし、気持ちの整理から課題解決に至るまでのトータルサポートをめざしています。「こんなことを聞いてもいいのかな?」を感じさせない雰囲気づくりが強みの事務所です。悩みが悩みになるその前に、まずはお気軽にお問い合わせください。

0コメント

  • 1000 / 1000