【終了】【福祉職・相談職・対人援助職向け】箱庭療法体験×ミニセミナー

お申込みはコチラから>>



ひだまり行政書士事務所/カウンセリングオフィスの長島です。

この度、事務所移転に伴い、箱庭イベントを開催することといたしました。



なぜ、福祉職・相談職・対人援助職向けなのか?


福祉職や相談職の方は、

「今日はイライラしているから、相談者に冷たくあたってしまっても仕方がない」

とは、なれませんよね。


自分がどのような状態・状況だったとしても、常に相談者に寄り添い、専門家としてのふるまいを求められるため、自分を常に良い状態に保つ必要があります。


ですが、

「人の役に立ちたい。」

「困っている人の力になりたい。」

その想いが強い人ほど、たくさんの人に幸せを届けられる一方で、人のことばかりになってしまい、自分のことは後回し…となりがち。


自分が無理していたり傷ついていても、気づけなかったり。

気づいた時には、続けていくことが難しい状況になってしまっていた…なんていうことも。


このバーンアウト(燃え尽き症候群)。

「この仕事が好き!天職!」と思っていたにも関わらず、苦渋の決断で職を離れなければならない、変えなければならなくなってしまうなんて、悔しすぎますよね。


私も社会福祉士として活動する中で、想いが空回りして疲れてしまったり、職場でどんどん人が入れ替わっていく。そんな経験をしてきました。


想いや熱意ある人が、気持ちよく働き続けられるようにするためには?

自分にできることってなんだろう?


そうして行き着いた方法が、箱庭療法でした。


「病院に行くほどではない。」

「カウンセリングに行くほどでもない。」

「まだ大丈夫(なはず)。まだ頑張れる(はず)。」


そんな時に、気軽に吐き出せる場所って、意外とあるようでないもの。


相談に行くと考えると、「モヤモヤはしてるけど、まだうまく言語化できないし…」なんて二の足を踏んでしまう場合でも、箱庭療法なら『遊び』の感覚で、自分のことを知ったり、癒やしてあげることができます。

プレイセラピースタートの心理療法ですから^^


「うまく言葉にできない」は、そもそも心配する必要すらないということ。

この気軽さが箱庭の最大の魅力だと思います♬


そして、たくさんのことをキャッチし過ぎては、頭の中でグルグル考えて疲れてしまう『繊細さん(HSPさん)』にもオススメな方法だと思います!

「言葉では伝え尽くせない!」

なんて思わなくて大丈夫。

言葉にしなくても、頭の中をスッキリ表現できちゃいますよ。


ですが、「面白そう!やってみたい!」と思っても、箱庭を扱っているところって少なくて。

メンタルクリニックとか、一部の老人ホームとか…気軽さが魅力でありながら、体験できる場所には全く気軽さがないのは残念…。


ならば私が!ということで、

『悩んでいなくてOKな箱庭サロン』を作ったわけです^^


そして、弊所は行政書士事務所でもあります。

法務のご相談もお受けできますので「まずは長島がどんな人物なのか見定めたい」という方の体験も歓迎です。


話しやすそうか、信頼できそうか。

ぜひ箱庭体験から感じ取っていただけたら嬉しいです。



体験だけでなく、セミナー付きにした理由は?


弊所の箱庭療法は、カウンセラーの方や支援者の方に、よくご利用いただいております。

その中で、箱庭療法に興味を持ち「もっと知りたい!」と言われる場面が多々ありました。


自分の学びのため。

そして、同じ職場や団体で働く仲間、相談者のために学びたいという方もいらっしゃいます。


そのため、セミナー付きイベントをしてみることにいたしました!



弊所の5つの強み

①福祉×心理×法務 3つ専門性をもつ箱庭心理セラピストがお届け!

②人見知りや話下手で、相談のハードルを高く感じる方でも安心。

③気持ちの整理からお手伝いできる行政書士。

④多種多様な専門家ネットワーク。ご紹介可能。

⑤悩んでいなくてもOK!夢を後押しする箱庭コーチングも。



お申込みはコチラから>>




お客様の声

お申込みはコチラから>>

ひだまり行政書士事務所/カウンセリングオフィス

心のケアする女性・LGBTQ+のための民事法務や、施設サポートを中心とした福祉関連法務が専門の行政書士事務所です。社会福祉士、カウンセラーとしての専門性を活かし、気持ちの整理から課題解決に至るまでのトータルサポートをめざしています。「こんなことを聞いてもいいのかな?」を感じさせない雰囲気づくりが強みの事務所です。悩みが悩みになるその前に、まずはお気軽にお問い合わせください。

0コメント

  • 1000 / 1000